2-1-4-15

0 Comments
atfronta
町田さんとはシーズン開始前に練習試合を行っていて、その時は0-3で敗戦しています。プレシーズンで相手のストロングや弱点をある程度は把握できたでしょうか。昇格していきなりスタートダッシュに成功しJ1首位を走る相手との戦いは、今の川崎にとって生易しいものではありません。

先発 (カッコは交代選手・時間)
        
       エリソン
   山内(遠野46')   脇坂  家長(小林悠66')
     山本(山田新82')   ゼヒカルド(瀬古46')
  佐々木旭 高井 ジェジエウ(大南35') 瀬川
       ソンリョン

控え 
 遠野 山田新 小林悠
 瀬古 田邉 大南 上福元


前半の川崎は失点こそ1に収まったのの正にサンドバッグ状態でしたね。相手が生き生き攻撃するのに比べ、川崎のプレーは何とも受け身になってしまっていました。何とか攻撃の形が作れるようになったのは小林悠あたりが交代でピッチに入ってからでした。とは言え相手GKがDOGSOで退場になって10人との戦いでも得点の匂いは漂ってきません。

ボール支配率(63%-37%)、シュート数(17-8)の数値を見る限り圧倒しているようではありますが枠内シュートは1にとどまっています。早い話ボールを持たされているようで、相手の術にはまっている証かもしれない。


  04/07 J1 7試合目(第07節)
   川崎 0-1 町田  得点:なし


7節までの戦績は2勝1分4敗、勝点7の15位です。このペースで進むと38試合終了時点で勝点は38となって、川崎は優勝した21年から→2位→8位→15位と、3年で残留争いする位置まで転げ落ちてしまっています。

どうする家康?(じゃないだろ)
atfronta
Posted byatfronta

Comments 0

There are no comments yet.